転職・仕事探しのお悩みは株式会社テザリングにおまかせください。
豊富な求人から最適なキャリアをご提案します。

面接
コロナ禍による環境の変化

Web面接

準備、ツール

最近は、企業の面接官と直接対面するのではなく、
インターネットを利用しておこなう面接が主になってきました。
PCやスマートフォンなどの画面で、ビデオ通話が可能なツールを用いて行われるのが一般的な方法です。
面接当日の流れは通常のものとほとんど変わりません。
面接開始のあいさつからはじまり、面接官からの質疑応答を経て、退室のあいさつをして終了です。
違っているのは、いくつかの事前準備が必要であることです。
【準備するもの】
・ビデオ通話ができる機材
 PCやスマートフォン、タブレットなど、企業が使用するビデオ通話ができる機材を準備します。
 スマートフォンを使用する場合、こちらが思う以上に面接官からは手ブレが気になります。
 可能であればパソコンを使用したほうがよいでしょう。PCにカメラが付いていない場合は、
 USB等で接続できるWEBカメラを用意しておきましょう。
・面接する場所
 WEB面接は、雑音が入らない静かな場所で受けるのが基本です(カフェ等は周りの音が入るので避
 けてください)。自宅 orインターネット環境がある有料の個室スペースを予約して使う方法もあり
ます。
・インターネット環境
 WEB面接は安定した通信環境でおこなうのがおすすめです。ポケットWifiやスマートフォンのテザリ
 ング機能など、通信が不安定になる可能性があるものはできれば避けたほうがよいです。
・書類・資料
 求人企業様の会社説明資料や、自分が提出した履歴書・職務経歴書、面接で予想される質問と回答の
 メモなど、面接の受け答えの途中で役立つ可能性のある資料は、事前に印刷して手元に置いておくか、
 PC画面などに貼り付けておきましょう。しかしWEBを通してとはいえ、ずっと画面やメモを見ながら話
 すのはNGです。もしもの時にチェックするためであることは意識しておきましょう。
・ イヤホン・マイク
 相手の声が聞き取りにくい可能性、自分の声が届きにくい可能性を考慮して、イヤホンやマイクを用意
 しておくとよいでしょう。

【確認しておくこと】
・スムーズに通話するために確認しておくべきこと
 WEB面接を受けることが決まったら、家族や友人にお願いしてビデオ通話を実際にしてみましょう。
 接続状況のテストの意味合いもありますが、WEB面接で相手に与える印象の確認にもなります。
 自分が思っている以上に「聞き取りにくい」「表情が暗い」などのフィードバックがあるかもしれま
 せん。
・使用ツールの確認
 WEB面接はほとんどの場合、企業側が利用しているツールを使っておこないます。使用するツールに
 よっては、登録やダウンロードなどの作業が必要になる可能性があります。
 できれば事前に理由方法等を確認しておきましょう。
“主なツール”
 ・Zoom https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
 ・Microsoft Teams https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/online-meetings
 ・Skype https://www.skype.com/ja/features/skype-web/
 ・LINE https://guide.line.me/ja/chats-calls-notifications/calls-and-chatlives/linemeeting.html
 ・Whereby https://whereby.com/
 ・Google Meet https://apps.google.com/intl/ja/meet/

【その他ポイント】
 ・開始10分前にはログインしておく
  ログイン状況は相手に分かるため、時間ギリギリにログインすると時間にルーズな印象を与えてしま
  う可能性があります。
  相手を不快にさせずに時間を守るためにも、10分前にはログインしましょう。
 ・開始時間に企業にメッセージを送る
  事前に通知された面接開始時間を迎えると選考がスタートしますが、
  こちらから通話を開始するのは避けましょう。
  一般的なツールであればチャット機能がついていますから、面接開始時間になったら
  「準備ができました。本日は宜しくお願い致します。」とメッセージを送り、
  企業からの応答を待ちましょう。
 ・通話を開始したら、明るい表情・声であいさつをします。
  その際、マイクとの距離を考えて声の大きさも調節し、適切なボリュームであいさつすることが大切
  です。
  対面面接と同じ、相手の質問をよく聞き、落ち着いて回答してください。
 ・面接が終わったら「ありがとうございました。それでは失礼いたします」とお礼を言い、
  相手が通話を切断するのを待ってから、こちらも通話を切断するようにしましょう。
  もし待って、お、相手もこちらが通話を切断するのを待っているようであれば、
  「こちらから切らせて頂きます。失礼いたします」と言葉を添えてこちらから通話を
  切断しましょう。

不慣れ、初めての方も多いようです。
事前に準備、確認をしておけば、より高い評価が得られます。
“より良い未来へのきっかけ”となれる事を心より願っております。

株式会社テザリング
木村 一彦
エージェント自らの転職活動、経験で感じたこと、可能性を拡げていただいた方々への 感謝の想いを...

著者プロフィール>>

050-1051-9712

営業時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝日

備考

メール応募は24時間受付中です。

転職相談 電話エントリー