転職・仕事探しのお悩みは株式会社テザリングにおまかせください。
豊富な求人から最適なキャリアをご提案します。

転職活動に新聞
新聞を読むメリット

新聞を読む目的

正しい正確、リアルな情報収集

ネットニュースを読んだり観たりしているので大丈夫!
という方も多いと思います。
その情報は果たして正しいものでしょうか?
友達や家族の間で話題にするには十分かもしれませんが
事実関係が曖昧な話題をうのみにして、
就活やビジネスの場で話すのは避けたほうがいいかもしれません。
品がないともとられ、真に役立つ情報とは限らないからです。

何のために新聞を読む?


では、転職活動に必要な情報とはどのようなものなのか、
何のために新聞を読むのか?以下に挙げてみます。
【信憑性が高い情報を得る】
ネットニュースの長所はスピード。しかし早いが故に、詳細の確認不足や誤認なども多々あるようです。
新聞は、数時間後に発行されることを見越してしっかりとした取材されており、
確実な情報を手に入れたい場合は、新聞の方が適しています。
新聞社によって論調に差異があります、何紙か読み比べれれば、柔軟性と視野の広げることができます。
【業界の動きを知る】
新聞を読む習慣がない方は、いきなり読みましょうと言われても苦痛かもわかりません。
一般的な新聞は、政治・経済・スポーツ・暮らし・文芸・地方・社会と、
ジャンルごとに紙面が分けられています。
まずは、自分が転職で狙っている業界の面に目を通すことから始めるといいでしょう。
その業界では、どのようなことが話題になっているのか、どんな企業が記事として掲載されているのか
という情報が収集できます。
大手企業は、人事情報や株価などが掲載されています、より業界の動向が見えてきます。
【意見を持つ】
新聞には、取材を受けた著名人、投稿記事を書いた市民、新聞社の論説委員など
多くの人の意見や考えが掲載されています。
それらに触れることで、同調したり反対意見を持ったり、自分なりの考えを展開させたりと、
思考が広がっていきます。
人間性を深めるきっかけにもなります、また、時事問題に対して論じるスキルが身につくので、
面接や筆記で大いに役立ちます。
【話題作り】
新聞には、社会面いわゆる三面があります。
この面に載る内容は転職後、お客様との間で話題にしやすく、気軽に話題提供ができると思われます。
スポーツ好きな方だとスポーツ面、読書や映画が好きなら文芸面を活用することで、
お客様が興味をもっているジャンルの話題を提供できます。
心的距離感を近める効果も期待でき、ビジネス面で良い結果が生まれるかもしれません。
【常識と教養を身につける】
話術に長けている人や常識的な振る舞いができる人が、ビジネスでは好まれる傾向があります。
新聞には、日常生活に役立つ情報もたくさん掲載されています。
新聞を読むことで、一般常識から大きくズレることのないバランス感覚が養われます。

効率良く新聞を読む


「忙しくてなかなかゆっくりと読めない」
そんな方が少しでも効率的に読める方法は?
【電子版の活用】
忙しい方は、モバイルで読める電子版を購読するのがおすすめ!
内容は紙媒体とほぼ相違ありません。
持ち運びに便利なうえ、みんなに伝えたい良い記事はSNSで共有できるというメリットもあります。
【斜め読み】
見出しをみて、興味が湧いた記事のみを読んでいく斜め読み!
大事な部分だけ読んで全体を掴み、残りは流すことで時間を短縮。
新聞記事では前半部分に結論が書いてあります、後半を飛ばしてもおおよその意味は分かります。
世間の話題を知りたい人は、1面トップだけでも読みます、今一番重要な記事が載っています。

たくさんの情報の中から、自分に必要なものをピックアップしていくことで、
時間を節約できます。
余裕がある時は電子版でもじっくり読むことができます。
ライフスタイルの中に、新聞と向き合う時間を上手く組み込むことが、
転職活動の勝利への足がかりになります。

株式会社テザリング
木村 一彦
エージェント自らの転職活動、経験で感じたこと、可能性を拡げていただいた方々への 感謝の想いを...

著者プロフィール>>

050-1051-9712

営業時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝日

備考

メール応募は24時間受付中です。

転職相談 電話エントリー